カラスへお仕置き(2017年7月11日)

むかしのこと

カラスは白い羽をしていました。

朝日を受けて空を飛ぶ姿は

銀色に光り、それは美しいものでした。

ところが人家のゴミをあさり

食べ散らかし

勝ち誇ったように鳴くようになりました。

そこで人々は

カラスにお仕置きをしてほしいと

村の神社に夜ごと夜ごと

お願いしました。

願いが聞き入れられ

カラスの羽を黒くすることに決まりました。

夏になると

カラスの体は熱くなります。

黒い羽が日を浴びて熱くなるのです

その熱さにカラスはあわれな声を出します

ごみあさりもできません

こんなわけで

夏のあいだ

カラスへ山の奥へ

森林の間へ

姿を隠すのです

デザイナー(2017年7月5日)

知人のデザイナーが立ち寄った

こんな話をしていった

君は視認性って聞いたことがあるかい?

もちろん知らないと答えると

つまりね こういうことだよ

見てすぐわかるのが視認性が高いと言うんだ

視認性が一番いいのは漢字

二番目にいいのは平仮名

三番目が片仮名

四番目がローマ字

君の名前が

松島次郎だとしよう

まつしまじろう

マツシマジロウ

matsusima jiro

どうだい?

藤井4段(2017年7月5日)

大阪方面に行く用事があり

電車に乗り、4人掛けのいすに

こしかけられた。

隣席の中年の男が

向かいの席の同じく中年の男と

大きな声で話し合っていた。

いやでも耳に入ってくる。

こういうのをとらわれの聴衆というのだそうだ

しかし話の内容は興味深いものだった。

連勝記録というものはいつかは止まるものだ

14歳からいつまでプロ棋士でいられるかわからないが

生涯勝率の方がずっとだいじな数字だ。

しかし連勝記録はフィーバーを起こすには

もってこいの数字だから報道会社にとっては

とびつくわけだ。

ところで元の記録保持者がテレビに出ていただろう。

名もない6段のプロ棋士だったろう。

そうなんだ。ぱっとしないプロの一人だ。

ということは藤井4段がもしかしたら6段止まりになるかもしれないわけだ

羽生や谷川のプロ棋士になってからの戦績を調べてみればいいのだ

ちっとも報道に出なかったことはたいした連勝記録はもっていないわけだ

これからわかるのは

連勝記録はその後の上達の程度を予想できるものではないこと

藤井4段は6段や7段の棋士で終わるかもしれない

ちらりと恐怖がうかぶ

こんなことは当の藤井少年が一番よく知っているはずだ

目の前の一番だけが将棋人生だ

今ここで生きる

身を以て知っているはずだ

それにしても幼くして打ち込むことを

見つけた藤井少年は幸せだな

オレなんかあっちへふらふら

こっちへふらふら

平々凡々

やりとおしたことは何もない

平凡だって悪くはないさ

電車は梅田駅に着いた

 

 

安寿と厨子王(2017年7月2日)

山椒太夫に捕えられた
安寿と厨子王は勤めを命じられた
安寿は川へ行き水くみ
厨子王は山へ行き柴刈り

水で重たくなった桶を運ぶのは
足がよろけたことだろう
柴の束を背に負うのは
背骨が折れそうだったことだろう

比べものにはならないけれど
彼らの苦しさよりは
ずっとましだ

こんなことを自分に言い聞かせて
励む人があちらにもこちらにも
その数は無数

タガメの俗称(2017年6月25日)

夜のNHKの番組では

タガメの生態を放映していた。

棚田を舞台にしてたくましく

生きるその姿には心を打たれた

父は岡山県出身で

タガメをちんぽ切りというんやと

教えてくれた

農業用の小さなため池が点在する半分都市部では

タガメをメダカの群れとともに

ときどき見つけていた

腰まで水につかりながら

メダカ取りをしていた頃

もちろんパンツもズボンもはいていた

秘密の釣り場(2017年6月17日)

6月になり気温が上がり
アユ釣りが解禁される頃になると
決まって思い出すことがある

あゆ釣りの名人と言われる男がいた
休みの日
早朝から一人
秘密の釣り場へ出かけていく

大勢の友人が一緒に連れて行ってくれと
懇願するのだが
彼はかたくなに断り続けた
お前らにはまだ早いぞ

8月のある暑い日のこと
日曜日だったので
早朝から一人うきうきとした気分で
秘密の場所へ出かけて行った
そして帰ってきたとき
彼は生きている人ではなかった

川中で転倒し起き上がれず
溺死したのだった
残された妻と息子は嘆いた
お父さん
友だちを連れで行っていれば
あなたは助かったのに

当たらずとも遠からず(2017年6月17日)

父の口癖の一つが
当たらずとも遠からず
だった

小学校5年生の一年間
毎夜毎夜3時間
父から勉強を習っていた

質問されて答えると
しばしば
父はこう言うのだった
当たらずとも遠からず
正解ではないのだよ
しかし
まったくの間違いではない

そこで再び考えをめぐらして
答えを言う
再び
当たらずとも遠からず
そんなやりとりが
何回も続いて
正解へといたるのだった

何度も答えを探しているうちに
思考力が命を帯びたように
いきいきと動き始める
父はまた言うのだった
やっと油がのってきたな
勉強を始めてから
1時間も2時間もすぎて
ようやくにして
本気になるのだった

やる気(2017年6月4日)

どこにあるの?
私のやる気は
探し求めてさすらいの旅
日が暮れ夜が明け
早くも季節はめぐりゆく

先払いのレストランのように
先に見せるもの

先に行動を起こせば
やる気があとからついてくる
そうなれば
しめたもの
やる気がぐいぐいと君を引っ張っていく

やる気ほど誤解されているものはない