更年期障害

更年期障害

どんなものにも始まりがあり、頂点があり、衰退期があります。人間とてその例外ではありません。

思春期から分泌が活発になる女性ホルモンも40歳になるとしだいに衰退期に向かいます。女性ホルモンは人を女性らしく保つ性質があり、それがゆるやかな衰退期に入ると心身の変化を伴います。

体力が以前よりも衰え、疲れやすくなり、何事をするにもスピード感が落ちていきます。
精神的には老いていく不安が始まります。親が病気になったり、こどもがいれば独立の兆しが見えることにさびしさを感じさせられます。

心身の不調を感じることも多く、更年期障害といいます。自然によくなることもありますが、診察を受けた方がいいときもあります。
薬やカウンセリングや美容的な対処法があります。

種々のことに興味を持ち、社会への関心を維持し、可能な範囲で人助けをしましょう。
そうすることで更年期を元気よく乗り越えられるにちがいありません。

診療案内一覧

アクセス方法

お問い合わせ